フレコンバッグは何でできているの?

11月22日(金)

今日はいい夫婦の日ですね(^o^)

結婚記念日の方も多いのでしょうか?!

 

さて、本日はフレコンバッグの材質についての話です。

 

お客様より時々「材質は何ですか?」という問合せをいただくことがあります。

 

 

フレコンバッグはポリプロピレン(PP)でできています。
ポリプロピレンはプラスチックの一種で、比重が軽く(密度0.9g)軽量で、
引っ張り強度、衝撃強度に優れており、成形加工が容易です。

 

ご存じかと思いますが、みなさんの身近なところでは自動車部品や

洗剤容器、 家電製品など幅広く使われています。

 

 

フレコンバッグは糸と糸を編んだ生地を縫い合わせて作られているので、
プラスチック製品と結びつかないかもしれませんが、PPからできているのです。

 

更に燃やしても有毒ガスを発生しないので、環境にも優しい材質です。

 

そんな優秀なPPにも少しだけ弱点があって紫外線と、熱には弱いので、
内容物は50度以下のものを入れて下さいね!

 

屋外保管で紫外線にさらされる場合は、カバーを被せて劣化を防いで下さい。
カバーはこちら
//www.softbag.jp/products/detail.php?product_id=61
//www.softbag.jp/products/detail.php?product_id=62

//www.softbag.jp/products/detail.php?product_id=85

 

ちなみに投入口や排出口の白い生地はポリエチレン製、

縫製糸もポリエチレン製です。

 

では又来週(^^)
島本

ページトップへ