比重の話

11月29日(金)
早くも11月も終わりですね。
今日の朝はこちら大阪も真冬の寒さでした。

 

 

フレコンバッグの大きさ選びの重要ポイント比重のお話です。

 

“比重”とは簡単に言うと、水より軽いか重いか、水の重さと比較した比率のことです。

 

比重が1よりも大きい物質は水に沈み、1よりも小さい物質は水に浮きます。

 

 

フレコンバッグは様々な用途で使えます。

 

産業廃棄物では 廃プラスチック、木くず、ガラス屑、紙屑、コンクリート片を入れたり

 

一般廃棄物では ペットボトル、プラスチック

 

金属製造業で使う場合、金属片、鉛、銅などを入れて運搬・保管が出来ます。

 

 

 

それぞれ同じ量(体積)を同じフレコンバッグに入れるとどうでしょう?

 

ペットボトルを入れて袋がいっぱいになる量(体積)を鉄で袋いっぱいにすると重量は違います。

 
フレコンバッグの多くは1t耐荷重ですが、大は小を兼ねる・・と1000ℓのフレコンバッグに

 

鉄をいっぱいに入れて運搬しようとすると1tは軽く超える重量になり、荷重に耐えられず

 

ベルトが切れたり運搬出来なかったりします。

 

 

 

鉄を1t入れるには小型の袋でも十分な重量なります。

 

ペットボトルは比重が軽いので1t入れようとするとかなり大容量のフレコンバッグが必要です。

 

フレコンバッグ選びには重量だけでなく体積も大きく影響します。

 

「○○を○○㎏入れたい・・・」

 

「○○を入れるのにどの商品を選べばいいのか?」など

 

疑問があれば相談させていただきますので、お気軽にお問合せ下さい!

TEL:06-6969-3632

 

 

無料サンプルでお試しいただけますので、購入前に実物を確認いただけますよ~

 

 

 

 

追記ですが

 

1週間で季節も進んで落ち葉がたくさん道路や公園に落ちていますね。

 

先日SP400 入荷しましたので、落ち葉広いにおすすめです!
//www.softbag.jp/products/detail.php?product_id=49

ご注文お待ちしています(^o^)

 
島本

ページトップへ