100℃の内容物に対応、耐熱性に優れたフレコンバッグ。ヒートバリアバッグで作業効率アップ! 熱い物を冷まさずに投入できるため作業時間短縮をできます。漏れに強い! 粉漏れ、含水率の高い内容物の漏れをPP内袋で防止します。安全性が高い! 生地の厚みは通常の1.2倍で、耐荷重1t。つり上げ輸送が出来ます。耐熱容器でも安価!一般的な対加熱容器に比べて安価に導入できます。

仕様

ヒートバリアバッグ図面ヒートバリアバッグ写真

サイズ 幅900㎜×奥行900㎜×高さ1050㎜
形状 角型
耐荷重 1t
吊り方 4点ベルト吊り
容量 約1000リットル
材質 外側フレコンバッグ…ポリプロピレン
内側内袋…ポリプロピレン

使用業種例

  • 製鐵所関係
  • 廃棄物処理業
  • 一般機械機器製造
  • 消火機器製造
  • 硝子製造
  • 木質バイオマス発電事業

耐熱試験

ヒートバリアバッグは、耐熱性に優れたフレコンバッグです。
ヒートバリアバッグにはポリプロピレン (PP)内袋が使われています。
ポリプロピレンは、ポリエチレン (PE)よりも融点が高く、耐熱性に優れている素材です。
※常用耐熱温度はPEの場合70-90℃に対し、PPの場合は100-140℃です。

耐熱試験実施前耐熱試験実施後

120℃で試験後、PE内袋は溶けて縮んでしまいましたが、
ヒートバリア内袋は変化がありませんでした。

サンプルのご依頼・ご購入はこちらから

お問い合わせ

株式会社フクナガエンジニアリング
〒536-0014 大阪市城東区鴫野西5-13-30
TEL:06-6969-3632
担当: 島本まで
メールでのお問い合わせ

ページトップへ