【お客様事例紹介】土砂運搬用の反転ベルトフレコンバッグ

今回は建築土木業界でよく使用される、反転ベルト付のフレコンバッグとその使い方をご紹介します。

土砂

建築業界のお客様からのお問い合わせで、土砂入れ用のフレコンが無いかとよくお問い合わせをいただきますが、フレコンバッグの使い方については大きく2つあります。

使い方①
土砂を入れた後フレコンごと業者に渡す (ワンウェイ使用)

土砂をフレコンに投入した後、そのフレコンごと最終処分先に渡してしまうパターンです。
この場合、排出作業は最終処分先で行うため、フレコンバッグは上が全開で、底が開かないタイプを使用されることが多いです。
排出口なしのフレコン

使い方②
土砂を入れた後はフレコンを繰り返し使う (複数回使用)

土砂だけを最終処分場先で出し、フレコンは繰り返し使うパターンです。
フレコンにかけるコストを下げたいということで、商品はワンウェイ保証ですがお客様の自社点検で 繰り返し使用されています。反転ベルトタイプのフレコンを使用されることが多いです。
反転ベルトのフレコン

今回はこの反転ベルトの使い方についてですが、使い方としては
充填時
【充填時】
吊り上げ時
【吊り上げ時】
排出時
【排出時】
上記のような流れになりますが、排出時に反転ベルトに急な負荷が掛かると、ベルト縫い付け部分が破れてしまい、繰り返し使用される際に非常に危険な状態になります。
※反転ベルトは反転補助用のため、耐荷重保証がございません。
縫い付け部分の破れ
弊社倉庫にて、反転ベルトを使った動画をご紹介させていただきますので、ご参考いただければ幸いです。
反転ベルトの使い方やご不明な点がございましたら、何なりとご相談下さいませ。

お急ぎの方はお電話を!


06-6969-3632
営業時間 平日 9:00~17:00

ページトップへ