ほかのコラムはこちら:


フレコン内部に入る水気を防ぐには?外気にできるだけ触れさせない方法をご紹介

  • フレコンバックについて
フレコンバッグ

フレコンバッグに製品や原料を入れられる際、袋の内部へ埃や水気などができるだけ入らないようにしたい、とお悩みではありませんか?

 

フレコンバッグは大容量でフォークリフトでの吊り下げ輸送がしやすいですが、網目から細かい中身が漏れたり、逆に水気が入ってきたりといった弱点もあります。

そこで今回は、フレコンバッグからの漏れを防いだり、外からの湿気などの侵入を軽減したりできる「内袋セット済みフレコン」をご紹介します。

内袋セット済みフレコンとは

通常のフレコンバッグはPPの糸を編んで作られているため、どうしても細かい網目が出来てしまい、水気や空気が通り抜けてしまいます。

そこで「できるだけコストを抑えつつ、外気に触れにくくしたい」という方におすすめなのが「内袋セット済みフレコン」。

密封できるポリエチレン製の袋がフレコンバッグ内にセットされているので、フレコンバッグの利便性はそのままに、密閉状態で運搬や保管ができるようになります。

内袋でブロック

 

通常のフレコンと比べると400~500円程度値段が上がってしまいますが、それ以上に漏れ防止・防湿効果での作業効率改善が可能です。

 

実際に内袋セット済みフレコン880KHR(PL)POCを使用されたお客様からは、

「粉末原料を工場間輸送する際、空気中の水分ですぐ変質してしまう性質なので運搬に手間が掛かっていました。『880KHR(PL)POC』を使うと湿気を防げたので、紙袋で運ぶより作業性が改善されました。ポケット付きなのでラベルを入れて中身を判別しやすくできたのもGoodポイントです。」

といった喜びのお声をいただいております。

内袋セット済みフレコンはこちら

まずは実物のフレコンバッグを試しに使ってみましょう

内袋セット済みフレコンでどれだけ粉漏れを防止したり、湿気を防げたりするのか気になる方は、ぜひ「フレコンバッグ無料お試し」をご利用ください。

フレコンバッグを1枚無料でお使いいただけます。

無料お試しのメリット

実物を使えるので、実際の現場にてどれほどの効果があるのか十分確認していただいてから、購入していただけます。

送料はもちろん無料で、返却の必要もありませんので、思う存分ご試用ください。

無料お試しの詳細はこちら

もっとフレコンの基礎知識が知りたい!という方へ

普段何気なく使っているフレコンバッグ。
この部分でなんと呼べば良いんだろう
何の素材で出来ているか気になる
と思われたことはありませんか?

 

そんなあなたのためにフレコンひと筋25年のふくろ屋ふくながが、フレコン基礎知識をまとめた資料を作成しました!PDFでご覧いただけますので、ぜひこちらからお申し込みください。(無料)




これさえ読めばOK!資料のダウンロードはこちら