ほかのコラムはこちら:

フレコンバックの吊り方って?プロが教える吊り部の種類と吊り方!

  • フレコンバックについて
  • はじめての方向け
フレコンバックを吊るフォークリフト

ふくろ屋ふくながの島本です。

今回はフレコンバックの吊り紐・吊りベルトの種類と、安全に運ぶための吊り方・便利グッズをご紹介します!

 

忙しい方向け!正しい吊り方を資料にまとめました

フレコンバックの吊り部の種類とは

フレキシブルコンテナバッグ、通称フレコンバッグの吊り部には、いくつか種類があります。代表的なものでは、

  • ベルト
  • ロープ
  • 2点吊り
  • 4点吊り

といったものがあります。

 

2点吊りタイプのフレコンバックが主流ですが、4点吊りだと四隅に吊り口があるので、フォークリフトで運ぶ際はバッグの揺れを防げます。安定した吊り上げをしたい方には4点吊りがおすすめです。

 

ベルトとロープでは強度面の違いが大きく、クレーン、ユニックなどで吊る際はロープタイプのほうがおすすめです。よく「長い方が強度が増すのですか?」と聞かれますが、実は長さと強度は比例していません。

リフトのツメで擦ってしまって切れる、という場合はツメにサヤ (もしくはフレコングリップなど) を付けるとより安全に、効率的に作業できます。

フレコングリップの詳細はこちら

 

設備に取り付けるために4点吊りベルトが欲しい、けれども運搬するときは2点吊りしたい、という方には、2点吊り・4点吊り両方に対応したフレコンバック、「1200THS (2+4)」がおすすめです。

1200THS (2+4)の詳細はこちら

まとめ

 安定した吊り上げをしたい方には4点吊り、強度が高いものが欲しい方にはロープタイプがおすすめです。リフトのツメによるベルト・ロープ切れを防ぐにはサヤ・グリップといった便利グッズのご利用をおすすめします。

 

ご不明点があれば、ぜひフレコンバック一筋20年以上のふくろ屋ふくながにお問い合わせください!

あなたにぴったりなフレコンが見つかる!

ふくろ屋ふくながのフレコンバッグ自動診断なら、簡単な質問に答えていただくだけで、あなたのお悩みやお困り事を解決できるフレコンバッグが見つかります!

フレコン診断

「種類がありすぎて選べない」
「どのタイプが一番合っているのか」
とお悩みの方はぜひフレコン診断をご利用ください!

フレコン自動診断はこちら

正しい吊り方を資料にまとめました

フレコンバッグを吊り上げるとき、どんなことに注意すれば良いか資料にまとめました!

 

また、ふくろ屋ふくなががフレコンバッグの生地やベルトに対してどのように安全性を保証しているのか、試験方法や試験データも紹介しております。PDFでご覧いただけますので、ぜひこちらからお申し込みください。(無料)




これさえ読めばOK!資料のダウンロードはこちら