ほかのコラムはこちら:

トンパックとフレコンバッグの違いとは?

  • フレコンバックについて
  • はじめての方向け
トンパック

工事現場や土木作業などでよく使われる、「トンパック」。

「トンパックを買いたいけれど、違う名前のものばかり出てくる…」

「もしかしてトンパックって正式名称じゃないの?」

とお悩みの方が多いようです。

そう、実はトンパックは俗称で、正式名称は「フレコンバッグ」なんです。

そこで今回は名前の違いと探し方についてご紹介いたします。

 

忙しい方向け!トンパック選びのコツを資料にまとめました

トンパックとフレコンバッグの違い

「トンパック」と「フレコンバッグ」は同じものです。

業界や人によって呼び名がまちまちで、「トン袋」「クロスコンテナ」「土のう袋」などと呼ばれることもありますが、正式な名称は「フレコンバッグ (フレキシブルコンテナバッグ)」です。

色々種類があるので図にするのは難しいですが、「フレコンバッグ」の種類の一つとして「トンパック・トン袋」があるというイメージです。

フレコンバッグの内訳

何故トンパックと呼ばれるようになったかは諸説ありますが、「1トン入るバッグ」→「1トンバッグ」「トンパック」と変わっていったのではないかと言われています。

フレコンバッグの重さは約1kgで、耐荷重は1トン、容量1Lまでのものが多いです。

 

ふくろ屋ふくながでは容量1,000Lで1トン入るタイプはもちろん、小回りのきく小さめのサイズで耐荷重は1トンのまま、という小型フレコンバッグや、一度にたくさん運べる2000リットル大容量タイプなどもご用意しております。

1トン入るバッグ一覧はこちら

容量の選び方はどうすればいいの?

トンバッグとは耐荷重が1トンのフレコンバッグを指して呼ばれることが多いですが、実はトンバッグ選びで重要なのは耐荷重の他に「容量」があります。

 

耐荷重は同じ1トンでも、容量が違えば袋の大きさが変わってくるので、荷台やコンテナに詰め込む際や段積み保管する際の数にも影響してきます。

 

「入れたいものの重さ ÷ 入れたいものの比重」でぴったりな容量が分かるので、ぜひ下の計算機を使って計算してみてください。

例えば比重0.5の粉を200kg分入れたい、という場合は400L程度の容量のフレコンバッグだとちょうど良い、と分かります。

 

比重なんて分からないよ!という方のために、下記に素材別の比重一覧をまとめました。(データ: 機械工学便覧、機械設計便覧、金属材料重量便覧、機械設計図表便覧、JISハンドブックより)

種別 材料 比重
鉄及び
鉄合金
高炭素鋼 7.810~7.833
鋳鉄 7.05~7.30
ステンレス鋼 7.82
銅及び
銅合金
8.96
黄銅 8.63
8.42
8.4
青銅 8.7
AL及び
AL合金
アルミニウム 2.72
チタン 4.51
木材 0.44
0.38
朴(ホウ) 0.51
赤松 0.52
姫小松 0.61
樅(モミ) 0.44
黒松 0.58
0.62
赤樫 0.96
白樫 0.7
0.67
0.29
コルク 0.24
各種合成樹脂及び
可塑物
フェノール樹脂 1.17~1.30
1.59~2.09
1.25~1.52
1.29~1.47
1.30~1.40
1.29~1.45
1.23~1.40
1.55~1.85
1.2~1.4
1.27~1.32
フルフラール 樹脂 1.6~2.0
1.3~1.4
1.3~1.4
石炭酸樹脂 1.3
尿素樹脂 1.44
1.45~1.50
1.5~1.6
グリブタル樹脂 1.389
アニリン樹脂 1.20~1.25
ポリスチレン 1.05~1.07
ポリ アクリル酸メチル 1.15
1.18~1.19
ナイロン 1.15
カゼイン樹脂 1.3~1.4
塩化ビニール 1.35
メタアクリル酸樹脂 1.18
スチロール樹脂 1.06
硝酸セルロース 1.3-1.6
酢酸セルロース 1.2-1.56
アセチルブチルセルロース 1.2-1.22
エチル セルロース 1.14~1.2
ガラス 石英ガラス 2.19
鉛ガラス 4.28~3.40
ソーダー石灰ガラス 2.48
新聞紙 0.505
透写紙 0.743
ケント紙 0.73
コンデンサー紙 1.15
セロファン 1.48
和紙 0.39
西洋紙 1
石材 砂利 1.65
花崗岩 2.65
大理石 2.68
石灰岩 2.55
砂岩 2.3
浮き石 1.05
高炉鉱滓 2.5
金剛石 3.5
石こう 2.3
各種繊維 アセテート 1.32
アスベスト 2.45
綿 1.55
ガラス 2.56
ナイロン 1.14
ポリエチレン 0.92
サラン 1.72
ビニロン 1.26
テトロン 1.33
羊毛 1.32
1.56
1.5
セメント ボルトランドセメント 3.11
3.11
3.13
3.06
合成ゴム 多硫化ゴム 1.45
その他工業材料 石炭 1.55
1.35
亜炭 1.1
木炭 0.63
1.74
黒鉛 1.2
コークス 1.93
牛革 0.91
馬革 0.595
普通煉瓦 1.7
耐火煉瓦 1.8
コンクリート 2.3
陶磁器 2.4
カーボン 1.6
石灰石 1.42
1.6

あなたにぴったりなフレコンが見つかる!

「フレコンバッグで調べたら一杯出てきて選べない…」という方に朗報です。

ふくろ屋ふくながのフレコンバッグ自動診断なら、簡単な質問に答えていただくだけで、あなたのお悩みやお困り事を解決できるフレコンバッグが見つかります!

フレコン診断

「種類がありすぎて選べない」
「どのタイプが一番合っているのか」
とお悩みの方はぜひフレコン診断をご利用ください!

フレコン自動診断はこちら

トンパックの選び方を資料にまとめました

トンパック選びは初めてだと迷ってしまいますよね。
そこで、フレコンひと筋25年のふくろ屋ふくながが、用途別にどんなトンパックが適しているのか、資料にまとめました!土を運びたい、重い金属を入れたいなどのよくある用途に合うトンパックを紹介しております。

 

資料内容:
1. トンパック・トン袋について
2. 重たい金属類を入れたい場合
3. 長期間、屋外保管しておきたい場合
4. 中身の水分を飛ばしたい場合
5. 土砂を入れて運びたい場合

 

PDFでご覧いただけますので、ぜひこちらからお申し込みください。(無料)




これさえ読めばOK!資料のダウンロードはこちら