ほかのコラムはこちら:


ごみ収集所への持ち運びに便利!ペットボトルや空き缶を入れやすい小型で丈夫な袋「500KR」

  • フレコンバックについて
  • 他資材からの切り替え

ペットボトルや空き缶などの資源ゴミを捨てるとき、ごみ収集所・ごみステーションに持って行かないといけない自治体は数多くあります。

「一度に全部持って行きたい、けれどゴミ袋に入れて持って行くと破れてしまってもったいない…」という時におすすめなのが、丈夫で100リットルも入る袋「500KR」です。

持ちやすく空き缶・ペットボトル入れにぴったり

「500KR」は青色黄色オレンジ色の3色のラインナップがあります。

通常10枚セットですが、3色を1枚ずつセットにしたタイプもございます。

500KR

容量は100リットルとかなり大きく、かさがある2Lペットボトルがたくさんある場合でもラクラク入ります。

ポリプロピレン製の生地のおかげで丈夫で破れにくいため、ゴミを持ち運ぶ用途であれば何度も再利用できます。

支えがなくても、ぐちゃっと潰れずに立ちます。

ペットボトル

少し重たいものを入れたときでも、手提げ袋のように持つこともできます。

ゴミ袋だとくくった部分をつままないといけないので大変ですが、手提げなら負担なく楽に持てます。

手提げ

実際に500KRをゴミ入れとして使っている方からは

『大きいペットボトルが一杯あるとゴミ袋に入れるのが大変だったけれど、500KRならひとまとめにできる上に立てておける』
『軽くて持ち運びやすい』
『いかにもゴミ袋、という感じじゃないのが良い』
と好評をいただいております。

500KRの詳細はこちら

まとめ

✅軽量なのに丈夫で破れにくい
✅大容量100Lで一度にたくさん運べる

ごみステーションへ持って行くごみが多い方は、ぜひ500KRを使ってみてください。

500KRの詳細はこちら

もっとフレコンの便利な使い方や使用事例を知りたい!という方へ

ふくろ屋ふくながでは、フレコンバッグひと筋25年のノウハウと実績をもとに、フレコンの安全・便利な使い方やお客様のお悩み解決事例などを定期的にコラムでご紹介しております。

 

下記の「通知を受け取る」ボタンを押していただくと、次回のコラム更新時にお知らせいたします。メールアドレス等のご入力は不要ですので、ぜひご登録ください!