フレコンバックは何で出来ているの?材質と特徴をプロが解説!

  • フレコンバックについて
フレコンバックの生地

ふくろ屋ふくながの島本です。

今回はフレコンバックがどんな素材で出来ているか、長く使うにはどうすればいいか解説します!

フレコンバックの材質とは

フレキシブルコンテナバッグ、通称フレコンバッグは、基本的にポリプロピレン(PP)でできています。

「あれ?フレコンバックって糸で編んでいるんじゃ?」と思った方、実はただの糸ではなくPPでできた丈夫な糸なんです。

 生地の拡大図

ポリプロピレンはプラスチックの一種で、比重が軽く(密度0.9g)、軽量な上、引っ張り強度、衝撃強度に優れており、成形加工が容易です。そのため、糸状に細く加工して編むと、軽量なのに1トン耐荷重というフレコンバックが作れるのです。

ポリプロピレンはみなさんの身近なところでは、家電製品から自動車パーツまで、様々な製品で利用されています。

 

ポリプロピレンは完全燃焼させるとダイオキシンなどの有害な物質を出さないので、人にも環境にも優しい素材です。

投入口や排出口の白い部分や縫製糸はポリエチレン製ですが、ポリプロピレンと同様、燃やしても有害物質は発生しません。

フレコンバックを長持ちさせるには?

軽量で丈夫、環境に優しいと良いことずくめに見えるポリプロピレンですが、やはり弱点もあります。

 

弱点1. 熱に弱い

ポリプロピレンは熱に弱いので、高温のものを入れると溶けてしまう可能性があります。熱いものを入れる際は、50度未満に冷ましてから入れるようにしてください。

 

弱点2. 紫外線で劣化しやすい

ポリプロピレンは直射日光など、紫外線が当たると劣化が進んでしまい、ぼろぼろになります。

そのため、ふくろ屋ふくながのフレコンバックでは、「UV剤」と呼ばれるものを入れることで、紫外線による劣化を抑えています。ふくろ屋以外のフレコンバックだと、UV剤が入っていなかったり、少なかったりすることもあるので注意してください。

ふくろ屋ふくながでは基本的に0.3%の配合ですが、9倍のUV剤配合で想定耐久年数3年という耐候性フレコンバック、「1100KR-UV3」もご用意しております。屋外保管する大型土のうとしてのご利用であれば、1100KR-UV3がおすすめです。

 

直射日光が当たる屋外はもちろん、屋内であっても紫外線の80%以上は入ってきてしまうと言われているため、長期保管の際はUV剤だけでなく、他の対策も必要になります。

そこで、ふくろ屋ふくながでは「ソフトバッグカバー」「UVスーパーカバー」をおすすめしています。

フレコンバックにカバーを掛けることで、紫外線が遮られるので、長時間保管してもベルトが劣化して切れたり生地がボロボロになったりしにくくなります。

その上、雨での水濡れや埃、汚れなども防げます。

劣化の原因となる紫外線をブロック

まとめ

フレコンバックは丈夫なのに軽いポリプロピレンで出来ていて、燃やしても有害物質が出ない環境に優しい製品です。高温や紫外線には弱いので、入れるものを冷ましてから入れたり、カバーをかけたりして使いましょう。

 

ご不明点があれば、ぜひフレコンバック一筋20年以上のふくろ屋ふくながにお問い合わせください!


その他のフレコンバッグ情報もぜひご覧ください!

ページトップへ