ほかのコラムはこちら:


トンパックの標準サイズとは?最小から最大までまとめました

  • フレコンバックについて
  • はじめての方向け

産業廃棄物の運搬用途や建設現場での資材入れなどに使われるトンパック・フレコンバッグですが、トンパックのサイズには実は色々なバリエーションがあることはご存じでしょうか。

① 標準サイズ - みなさんおなじみの容量1000L

トンパックの標準的なサイズは容量1000Lタイプと言われています。

1100KHR

トンパック・トン袋といえばこのサイズを思い浮かべる方が多いはず。

 

種類が多いのもこの標準サイズで、よく建築現場などで使われるベージュ色のトンパック (例:1100KR-BRM-001) 以外にも、

  • 通気性が良く、中身の水分を素早く出せる黒色のトンパック (例:1100KR-BWなど)
  • 長い間屋外保管しても生地が劣化・破れにくい耐候性トンパック (例:1100KR-UV3)

といったものがあります。

 

ちなみに、10枚入りの梱包サイズは70 x 40 x 20cmほどです。圧縮して発送しますので、積んで保管することもできます。

梱包サイズ

そのほかの中型フレコンはこちら

② 小さめサイズ - 取り回しもラクラク

建築現場などフォークリフトが入りにくい現場では、小さいサイズで取り回しが楽なトン袋・フレコンバッグが欲しい、という方も大勢いらっしゃいます。

ふくろ屋ふくながではそんなお声を受けて小型のラインナップを充実させております。

 

例えば「650KHR-C」では、手でも運べるサイズ感ながらも耐荷重は1,000kgで、膨らみ防止用の胴巻きベルトも付いています。

650KHR-C

小型のフレコンであってもJIS規格準拠の試験を行い、生地の強度や耐荷重、安全係数といったものが問題ないことを確認し品質保証しておりますので、安心してお使いいただけます。

安心の試験内容についてはこちら

 

ドラム缶の中に袋を入れて運びたい、というお客様の声にお応えした「DRUM900KHR-C」もございます。

内面がコーティングされているので、化学製造・金属製品製造業の方などの粉塵・微粉体など粉体輸送におすすめです。

DRUM900KHR-C

変わり種では「500KR(B)」という容量100リットル、耐荷重100kgの超小型フレコンもあります。

青、オレンジ、黄色の3色展開で、色分け用途にもお使いいただけます。

500KR(B)

その他の小型フレコンはこちら

③ 特大サイズ - かさばる籾殻や綿入れなどに便利

比重が小さいもの、例えば籾殻や紙くずといったものを入れる際は、大きなサイズのフレコンバッグが必要になります。

比重の詳細とベストな容量計算機はこちら

 

人の背丈を超えるほどの巨大フレコンバッグ「1740FS」なら、大容量2,100Lなので籾殻から発泡プラスチック、ボードなどをたっぷり入れられます。

丈夫で安定しやすい4点ロープ吊で、フタも付いています。

1740FS

その他の特大フレコンはこちら

あなたにぴったりなトン袋が見つかる!

トン袋・トンバックは、用途に合った種類のものを選べば現場の作業効率アップに大きく貢献できます。

とはいっても種類が多すぎてどんなトン袋・トンバックを選べば良いか分からない…という方は、「フレコンバッグ自動診断」をぜひご利用ください。

簡単な質問に答えていただくだけで、あなたのお悩みやお困り事を解決できるフレコンバッグが見つかります!

フレコン診断

トン袋・トンバック選びでお悩みの方は、ぜひご利用ください!

フレコンバッグ自動診断はこちら

もっとフレコンの基礎知識が知りたい!という方へ

普段何気なく使っているフレコンバッグ。
この部分でなんと呼べば良いんだろう
何の素材で出来ているか気になる
と思われたことはありませんか?

 

そんなあなたのためにフレコンひと筋25年のふくろ屋ふくながが、フレコン基礎知識をまとめた資料を作成しました!PDFでご覧いただけますので、ぜひこちらからお申し込みください。(無料)




これさえ読めばOK!資料のダウンロードはこちら